プリ小説
一覧へ

第16話

15
🐶 着替えた?
🌹 うん


私は替えの制服を着てかーてんを開けた。


🐶 髪の毛は…どうしましょう。
🌹 ちょっとしか付いてないし、水で洗うよ。

ちょっと飛び散ったくらいだから水で洗えば落ちるはず。

🐶 ヌナ
🌹 ん?


🐶 ヌナは、俺達のせいでこんな事になったんだよね…


ミンギュは犬のようにしゅんとする。

🌹 …うーん、別に…ミンギュ達のせいじゃないよ。
🐶 でも…


🌹 ミンギュ!


🐶 はいっ
🌹 これは誰のせいでもないの!

そう、これは誰のせいでもない。
しょうがないことなんだ。

🌹 だから、元気出して。
🐶 …はーい。

🐶 あ、俺先生に呼ばれてんだ、先行くね。
🌹 うん、またね
🐶 うん!

そう言ってミンギュは出て行った。




.




🦊side

あなた、大丈夫か。
俺は早足で保健室へ向かった。

あの時、何で俺は助けなかったんだろ。
…ミンギュがいたから?


その時、廊下でミンギュに会った。


🐶 あ、ウォヌヒョン。
🦊 ミンギュ、あなたは?

🐶 ヌナはまだ、保健室。
🦊 …ありがと。

俺は行こうとした時だった。

🐶 ヒョン。

🦊 ん?


🐶 ウォヌヒョンは、あなたヌナのこと好きですか?


ミンギュの真剣な眼差し。
真っ直ぐ俺を見た。


🦊 だったら…何?
🐶 好きなら


🐶 もっと大事にしてください。


🐶 じゃないと




🐶 俺が取りますよ。





🦊 え?

俺が取りますよって…


🐶 それじゃ。

そう言ってミンギュは階段を登って行った。


俺は立ち尽くす。
…ミンギュも、好きなのか?

🦊 意味、分かんな…

俺は保健室へ向かった。
















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

虎猫 🚀💫
虎猫 🚀💫
万端とせぶち書いてる人。 今は受験勉強中だから投稿しない。 Fan mark 🐯🐱🌷 Fan name ネコ科 ゆなとおすし同盟🍣組んだよ。 💣てぎ 💎うぉぬじゅんはにそく 🍤じそん 🍭だひょんもも ☯️じすりさ れどべる いぇり EXID へりん TXTは今のところぼむぎゅとヨンジュン