プリ小説

第9話

8
🌹 なんで知ってるの?


話したつもりはない。


🐶 ごめんねヌナ…
🌹 ミンギュ…?

話を聞けば、帰り道に聞いてしまったと。

🌹 そ、そっか…で、でも何もないからね!
🦊 嘘つけ

ウォヌは遮るように言った。

🌹う、嘘じゃないの、大丈夫だから。
🦊 じゃあなんで言わない。

🌹 それは…
🦊 俺たちに心配させたくない。だろ?


ウォヌに全て言われてしまった。


🦊 1人で抱えこんでばっか、なんでいつもっ…
🐶 ウォヌヒョン。
🐶 ヌナを責めないで、言えないに決まってるじゃんか。


ミンギュはウォヌの言葉を遮った。


とにかく、帰って貰おう。
このままだと私が泣いちゃいそう。

こんなに心配してくれたから_。


🌹 今日は帰って、ごめん。
🦊 え、ちょ。
🐶 ヌナ!

私は2人を閉め出した。

🌹 ごめんね、また明日。


私は我慢出来ずに泣いてしまった。

どうして、私なんだろ。


.






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

虎猫 🚀💫
虎猫 🚀💫
万端とせぶち書いてる人。 今は受験勉強中だから投稿しない。 Fan mark 🐯🐱🌷 Fan name ネコ科 ゆなとおすし同盟🍣組んだよ。 💣てぎ 💎うぉぬじゅんはにそく 🍤じそん 🍭だひょんもも ☯️じすりさ れどべる いぇり EXID へりん TXTは今のところぼむぎゅとヨンジュン