無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
738
2021/06/05

第1話

大切な人 pt1
毎月20日の夜は、宿舎を抜け出して貴方のところへ行く


貴方の眠るお墓の前で、貴方に語り掛ける。


そして、頬をつたる雫を手の甲で拭う。
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
また来月逢いに来ますね。ヌナ
俺は一生防弾少年団のRM。


でも、この日だけは一般人のキム・ナムジュンになれる。


唯一無二の存在がヌナ、貴方なんです。





宿舎へ戻り、静かに自室へ戻る。


横ですやすやと眠るジョングクを起こさないように毛布を頭まで被った。


20日は俺にとっての唯一無二の日だけど、嫌な日でもあってこの日だけは朝まで眠れない。


カーテンから太陽の光が零れて、毛布に光が当てる。
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
今日も眠れなかった。
「はぁ」と大きくため息をついて起きようとした時、
ダダダダダダと足音がした。
キム・ソクジン
キム・ソクジン
ナムジュナ!ジョングク!起きろ
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
おはようございますヒョン
キム・ソクジン
キム・ソクジン
やー!おはよう
ジニヒョンはヌナを失ってから暗くなってしまった俺の世界をもう一度明るくしてくれた太陽のような人。



ーーー


右側にアイコンがある人sideで書かせて頂いてます