無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

565
2021/05/29

第2話

大切な人 pt2
初めてナムジュナに出会った時、こんなに暗い人間がいるんだっと思った。


かっこいいラップと、ふざけた踊り。


メンバーを楽しく笑わせているのに、なんで本人は辛そうな顔をしてるの?そう思った。


それから数年後、ナムジュナと2人になる機会があった時にナムジュナは自分のことを教えてくれた。
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
防弾少年団のRMとして生きていく自信がありません。BTSは大好きだけど…
俺は唯一、一般人になれる日に甘えてしまう…こんな人間にリーダーは務まらない
意味なんて分からなかった。


ナムジュナの暗い顔の理由も、辛そうな顔の理由も。


でも、なんでもいいからナムジュナには笑って欲しかった。
キム・ソクジン
キム・ソクジン
いいんじゃない?そんな日があっても
僕だって毎日防弾少年団のジンだったら息が詰まるよ、嫌なことがあっても、
ずっと笑っていられる程僕も強くないからね…だからさ、ナムジュナも誰にでもいいから本当の姿を見せてよ?
「誰にでもいいから」なんて本当は思ってなかった。


僕を頼って欲しかった。


でもナムジュナが頼ったのは、20日に会いにいく僕の知らない人だった。


その話をしてからナムジュナは少しずつ明るい顔で僕と話してくれるようになった。


でもそれを支えてるのは、20日のあの人。


とっくに自分に恋心が目覚めてることくらい気づいていたけど、僕には無視するしか無かった。


無視以外の方法なんて知らないし…分かりたくない。