無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

~カードの黙読と音読、試験の配点~
試験の流れとポイントその2


~カードの黙読、音読から試験の配点~



3.パッセージ(文章)の黙読と音読

面接官が英語で

面接官「それでは試験を始めます☆」

と言うので、「OK.」とか?私は言いました。
練習のとき友人が言ってたので真似しただけ()

面接官「Here you are. 」

と、面接官から問題カードが渡されるので、

自分「Thank You.」

と言って受けとりましょう。
そのあと、

面接官「Please read the passage silently for 20 second.」
(20秒でこの文章を黙読してください。)

と言われるので、黙読しましょう。

時間を計られるで焦りますが、一次試験に合格する実力の持ち主なら、落ち着いて読めば全然問題なく読み取れる文章なので、平常心で臨みましょう。

黙読が終わると

面接官「Please read it aloud.」(声に出して読んでください。)

と指示されるので、音読しましょう。


☆ポイント

・はっきり、ゆっくり読む
・時間制限はないので、焦る必要はない
・知らない単語があっても、なんとなく読む
・間違えても直後なら読み直せるので、気付いたらそこに戻って読む
・タイトルも読む


4.パッセージと絵に関する質問

音読が終わるといよいよ質問タイム( ・ω・)∩シツモーン

面接官「Now, I will ask you five questions.」
(それでは、あなたに五つの質問をします。)

と言われます。


それでは、先に配点を載せておきます。


音読  5点
質問1 5点
質問2 5点
質問3 5点
質問4 5点
質問5 5点
態度  3点

合計  33点

合計基準はだいたい20点くらいです。