無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

~受付から待機~
~受付から待機~

まぁ、英検て高校受験をする(やる気のある)ほとんどの人が受ける関門です。避けては通れないッ!
今回はそんな皆さんのあるある疑問に答えつつ、流れを紹介していきますでございます(?)


まず持ち物確認

・受験票(準会場で受けた人は顔写真を忘れないように)
・上履き(上履きなら何でもいい)
・はいてきた靴を入れる袋
・筆記用具
・(今年はコロナにつき)ヘルスチェック



会場はどこかの高校で、A日程B日程あると思いますので、自分で確認しておいてください。受験票に記入しています。
受験票は一次試験合格者の結果にくっついています。

受験会場の選択は一次試験の時に強制されてますので、要確認です。


携帯電話は持ち込みは大丈夫ですが、会場の中に入ったら電源を切りましょう。マナーモードではなく、電源を切りましょう。
知っているとは思いますが、使用したり音が鳴ったりしたら即失格退場ですので。
・・・・・・厳しいよね、英検。

ヘルスチェックは事前にスマホで受けれます。
その画面をスクショするなどして、受付でみせます。




会場に入ると係員に受験級を聞かれるので、三級です☆と答えましょう。
そして、係員の指示に従い、待機室に移動します。
その際、自分の受験級の待機室であるかいちおう確認します。
私が受けたところでは席がズラッと並んでいて、順に詰めて座っていきました。

前に座っている人から受験していったので、後ろの方に座るとめっちゃ時間かかります。私なんか六人中五番目だったので死にそうでしたよ(((
集合時間の30分前に行ってそれだったので、エグいですよぉ( ;∀;)

そしてまた係員の指示に従い、別の教室に移動。
もう待機室に戻ってくることは出来ませんから、忘れ物をしないようにしましょう。