無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

願い
私は小さい頃から親にも嫌われ周りの人にも避けられて誰にも見てもらえなかった。認めてもらえなかった。
赤井梨奈
赤井梨奈
私は…自分のことを誰かに認めてもらいたい…
気づけば言うもこう言っている。
赤井梨奈
赤井梨奈
誰でもいい…誰でもいいから、誰か私のことをわかってよ…!
誰もいない、誰にも届かない場所で私は今日もそう叫んだ











誰にも認めてもらえないなら、誰も私のことが必要じゃないのなら…
赤井梨奈
赤井梨奈
もういっそ、死んでしまいたい…