無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,270
2022/01/18

第28話

今度は僕が。⑤
それから始まったイベント。
駅前の女の子達が顔につられて?二人に集まってくる。
テヒョン「あ、はい、どうぞ。あの、アンケート、書いてくださいね。」
テツ「はい、はい。一例に並んで。はい、サンプル。あとアンケート、書いたらあのお兄さんに渡して。」
グク「アンケート用紙はこちらで回収してまーす。」
二、三人とあつまれば次第に増えてくるギャラリー。
片っ端から声をかけ、どんどん集まるアンケート用紙。


テツ「あれ?もう終わり?」
グク「…そう…みたいです。」
テヒョン「意外と早かったんじゃない?」

早かったなんてもんじゃないです。
1日かかると覚悟してたのに、午前中でほぼ終わった。
恐るべし双子っ!

テツ「じゃあ、そろそろ俺たち帰るわ。
昼から店、開けられそうだし。」
テヒョン「ジョングクくん、終わったら、テツの店集合ね!打ち上げしよっ!」
グク「ありがとうございました。じゃあ、後で。」

颯爽と去って行く二人。
後ろ姿もなんと言ったらいいのか…。

女の子「…あの…。イベント終わったんですか?」
グク「あ、はい。なんだか大盛況で、思ったより早くサンプルがなくなっちゃって…。」
女の子「…残念…。」
グク「そんなにサンプルが欲しかったの?」
女の子「…いえ…。これ。」
女の子がスマホの画面を見せてくる。

《「ベアタイ」がスーツ姿で、なんか配ってる!信じられない!》
コメントと共にさっきまでいた二人+端っこに俺の写真。

グク「ベアタイ?」
女の子「これ、テヒョンさんと、テツさんでしょ?」
グク「二人を知ってるの?」
女の子「二人のファンの子達のコミュニティサイトのグループがあるんです。
ベアーとタイガーであの二人の事《ベアタイ》って呼んでます。」

グク「ファン…。コミュニティサイト…。」
女の子「アップされてたから、急いで来たのに…。」
グク「それはごめんね。」
女の子「あと…。」
グク「ん?まだ何か?」
女の子「あなたのこともアップされてましたよ。」
グク「はぁ?」
女の子「ほらっ!見て!」
スマホをスクロールしたかと思ったら
《『ベアタイ+1』 時々「TIGER」で見かけるイケメン。今日は三人揃ってる。》

グク「…プラス1って…」
俺はついでか!
でも、イケメンって書いてある。
ちょっと照れる。
女の子「最近、あなたも人気です。」
グク「…それはどうも…。」

どうせ俺は、おまけです。
イベントのテントを、畳みながらあの二人の今日の様子を思い出していた。
二人を巻き込んだと思っていたけど、また、巻き込まれたのかな?



🐼です。
「いけすかないやつ」
「クソヤロウ」
に続いての、「ヒステリックおばさん」からの「メロメロおばさん」(笑)
そして「プラス1」😂😂😂。
毎回色んなキャラを出して遊ぶ🐼。 
グクのイケメンはわかっているけどあの双子が並ぶとねぇ。😂😂😂。