無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

950
2022/01/11

第22話

救出っ! ⑤
テツ「お前の女の事なんか知らないって!」
男「お前がなんか言ったんだろ?じゃないと俺の彼女が俺に気持ち悪いなんて言う訳がないっ!」

テヒョン「…気持ち悪い…。-w」
子猫ちゃん、笑っちゃだめですよ。

男「じゃあなんでこんなにお前の店行くんだよっ?!また来てねっ!とか、言ってんだろ?」

テツ「…そりゃ、普通に言うけど…。」
お店ですからね。そりゃ言いますよ。
営業スマイルってやつですね。

男「ほらぁーっ!やっぱりぃーっ!」
テヒョン「や、やめてく、ください…。け、ケンカしない…で…。」
意を決して子猫ちゃんが割って入ります。
テツ「お前はうるさいっ!引っ込んでろっ!」

子猫ちゃんは困ってしまいました。
このままでは狂犬が狂犬になって噛みついてしまいそうです。

テヒョン「で、電話…。」
子猫ちゃん、警察にでも電話するつもりでしょうか?

テヒョン「も、も、もしもし?ジョングク君?」
おっと!この前助けていただいたジョングク氏に、またもや助けてもらうおつもりですね。

テヒョン「じょ、ジョングク君?ごめんなさいっ!助けて!テツがっ!」

呑気にコーヒーを飲んでいたジョングク氏。
子猫ちゃんの焦った声に意味も解らず慌てます。
グク「い、い、行きますっ!」
ジョングク氏。スニーカーを履いて走ります。
速い速い!バックスバニーのようです。

あっという間に、TIGERにつきました。