無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

さんじゅうよん













廉 「 お前の部屋 ここな。 」








『 やったー 広いやん!!☺︎︎ 』







廉 「 自分の部屋は自分で管理しろよ? 」










『 はーいはい。 ありがと 』








廉 「 朝ごはん食べた? 」







廉 「 なんか、 食べるか? 」








『 ううん。!大丈夫 持ってきてるから 』








廉 「 おう。 じゃあ 俺事務所行かなきゃいけないから 」









『 あっ、 仕事? 』









廉 「 ちゃう。 Jrの子の練習見に行くだけ 」









『 え? まじ 私も行っちゃだめ?笑 』









廉 「 う 〜 ん 。 」








『 やっぱ だめだよね、、 大丈夫 』









廉 「 まあ ええけど、静かにしとけよ? 」








『 え、 ええの?笑大丈夫なの? 』








廉 「 だってあなた、ジャニオタでもないし、Jrの子が好きなわけじゃないやろ? 」









『 うん。誰一人知らぬ。 』








廉 「 まあそうだよな、笑 じゃあええんちゃう 」







『 ふーん、 じゃあ 行きたい っ!! 』









『 紫耀 も来たりする? ! 』









廉 「 、 あっ おう。 岸君達もいるけど 」









『 え! 行く行く! 尚更行きたい☺︎︎ 』








廉 「 っ、 分かった 準備してくるわ。 」








『 ほーい ありがと っ!! 』







































そっか。 廉も後輩いるわけだし
忙しいよね、

Jrの子を見に行くとか 優しすぎだわ、笑











































廉 「 あなた、 早く乗れー 。 」








『 あっ はーい。 !! 』