無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

じゅ〜ご。





「紫耀?」










紫耀「うん?」


















「全然言えなかったけど、、」


























「デビューおめでと…!!。♡」

















紫耀「あなた…。」




















紫耀「…ありがと…」






























「な、な、なんで泣いてるの!!」






















紫耀「だ、だって…」












紫耀「あなたに悲しい思いさせてのに…。」

















「いや!。今紫耀に会ったから、悲しいなんて吹っ飛んだ!笑」















紫耀「もぉ〜!あなた〜〜」
















「もぉ!大好き♡」(紫耀に抱きつく)


















紫耀「あなたぅぅぅ〜!!」










______________________________







我に返る。












「あっ!紫耀?」











紫耀「?」















「廉に伝えたい事言っていい?」













紫耀「いいよ?」

















「会いたい。って」

















紫耀「うん。絶対伝える!」














「ありがと!!」














「もしも、嫌なら…、大丈夫だから、」














紫耀「その時は、僕が怒る」
















「えっ?!。笑 紫耀が怒れるの?! あはは」

















紫耀「怒れるよ!僕だって、男になったんだから!!」
















「はいはい.〜。そうですね〜」















紫耀「ホントなのに!( #`꒳´ )」


















「年上なのに、年下に見える うふふ、」

















紫耀「笑った顔。」

















「。?」



















紫耀「笑った顔、相変わらず可愛いよ。」















「からかわないで!笑」
















紫耀「ほんとだよ。」




















紫耀の顔が真剣になった。のが私には分かった









「…。」






















私は、うれしさを噛み締めながら、

微笑んだ。