無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さ〜ん。
私と廉が



15歳くらいの時。。?




















紫耀と廉が東京に引っ越す事になった、






















私だけだったなぁ、

















泣いたのは…























紫耀は、笑顔だったし














廉はいつまでもカッコつけてたし…









はぁ。思い出しただけで…

















で、なんで私が東京にいるか??
















話を聞いてれば分かると思うけど、








紫耀と廉にまた会うこと。















会いたい理由があるんだけどね。