無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

さんじゅうに



















え、 と 。






下着と洋服でしょ。 あと 食べ物とお菓子。

あとは … 枕!! と ぬいぐるみ と
くし と ゴム と ネイルチップに
あっ、 メイク道具に 。














『 あ、 入らないわ、笑 … 』



『 そんなに 入れてないはずなんだけど… 』











( どう考えてもパンパン。 )

















『 電話しかないか、笑 』









プルル )))










廉 「 眠いから おやすみ 『 まてまて 』」








『 ねぇ〜。 荷物が多すぎるぅ。 』


廉 「 頑張れよ、それぐらい 笑 」










『 迎えに来てやぁ〜。 お願いっ 』









廉 「 じゃあ ジャンケンで勝ったらな、 」










『 どうやってジャンケンするん、笑 』










廉 「 感で 勝敗決める。 」








『 ええよ、 最初はグーじゃんけん ぽんっ 』









『 はい、 勝った。 迎えに来て 』










廉 「 はいはい、 分かったよ 笑 しょーがねぇな 」










『 ありがとさんっ !!! 』









廉 「 はい、 じゃあ切るわ。 👋🏻 」
























廉の家に住めるなら … 紫耀 とも会える。

けど、、 私だって東京で仕事見つけちゃったし 会える時間も限られてくるのか … 。


















学生だった時の3人に 戻りたいな … 。