無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

は〜ち。



岸「ごめん!遅れたわ」
















玄樹「おい!なにしてんだよ〜笑」














廉「遅いぞ!ちこくぅー」














岸「いや!訳があるんだよ!」













神宮寺「でた、岸くんの言い訳笑」

















岸「いや。マジで!」



















岸「いやさぁー。町歩いてたら
可愛い女性がさ倒れそうになってたからそれを助けたの!」













海人「まじっ!」
















紫耀「へたすれば、捕まるよ。笑」















廉「どうやって助けたん?笑」















岸「その子。家の地図持ってたからそれを見ながら行ったら着いてさ、



その子が起きるまでその子のおばあちゃんとお喋りしてた笑」















玄樹「それが原因じゃん!」












岸「だって〜。おばあちゃん可愛いんだも〜ん。」

















紫耀「それは分かるけど〜笑」






















岸「しかもねっ!」
















岸「その子がさ。起きた後、廉と紫耀の事を聞いてきたんだよね〜」



















紫耀「まじっ!」




















岸「関西から出てきた子で、廉と紫耀と知り合いって言ってたような」















廉「関西…知り合い…女性…」
















(廉と紫耀が目を合わせる。)

















紫耀「いや!なわけない。あいつじゃないよね…」

















廉「うん。あいつじゃないで。人違いわ!」















岸「そ、そっか。じゃーファンの子かなあはは、」