無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

じゅ〜う。
岸「あなたちゃんは、廉と紫耀に会ってどうするの?」









「まず、顔を見たい…久しぶりに。あとは約束を…」










海人「約束…?」















「内緒🙊」
















岸「そっか〜。約束ね」








「2人は、私の事覚えてるかな。。」












海人「いつから会ってないの?」













「東京に引っ越した時から…」












岸「結構、経ってるね。」













「う〜ん。」















「覚えてくれてるといいけど…。」






岸「も、もしも覚えてなかったら…どうする…?」
















「。。。」




















岸「あっ。ごめん!今の無し!…」

















「殴るかな…。笑」














海人「笑。きっと大丈夫だよ!多分…!」















「2人の話聞いてると、二人ともマイページなんでね笑。」




















岸「う〜ん。よく言われる笑」
















「けど、廉と紫耀のメンバー良かった!毎日面白そうやもん〜。」
















海人「ありがと。」
















「まだかな〜……。」