無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

さんじゅう












『 はぁ…、疲れたぁ〜 』

















『 おばあちゃん ただいまッ、 』


















おば 「 おかえり、 さっき お母さんから電話きてたわよ、 」





















『 あっ、 分かった ありがと! 』

































































































『 ベットにダイブ〜 からのー スマホ、 』










『 電話しなきゃ、 』






































『 あっ、 ママ もしもし? 』













「 あっ やっと出たわね? 」
















『 ごめん、😰 廉 達と一緒にいた 』














「 廉君 達に会えたのね。 」















『 うん、 ちゃんと会えた。 』




















「 ところで悪いんだけど もう帰ってきなさい。 」















『 え…? なにが?笑 』



















「 東京から帰ってきなさい。 」



















『 な… なんで?! やっと会えたのに 』

















「 廉君達に 迷惑になるわよ、 」















『 け、、 けど まって 』

















「 あなたもわかってると思うけど 廉君達は あの時とは違うの。 」
















「 紫耀君 を見た? 大変そうだったでしょ、 もうあの二人には 芸能界っていう 世界があるのよ 」


















「 2人に迷惑かけたくないでしょ…?? 」















『 。。。。。。。 』
















「 待ってるわよ… いつでも帰ってきなさい 」











『  ま  まっ …     電話切るの早いってば…』











『 迷惑ね…、、 迷惑か… 』










『 はぁ… 帰るしかないのかな… 』