無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

じゅ~きゅう。

























廉「紫耀?」





















紫耀「なに…?」

































廉「まだ、好きか…?あなたの事」




































紫耀「当たり前…やろ?」
























廉「じゃッ。なんで…そんなに俺を」










































廉「俺を。。あなたに合わせてくれようと…?」
































廉「普通は、しいひんで?そんな事、」

























紫耀「廉のためやない…。けど」




























紫耀「好きな人が泣いてるのを見るのが1番辛い…。」




































紫耀「あなた、、泣いてるんやで…?目が真っ赤で…。でもそれを隠してて、、」


































紫耀「僕は、好きな人が傷ついてるのが嫌なだけや。」






























紫耀「けして、廉にあなたを譲った訳やない…。から」





















ニコニコしていた、紫耀がパッと

真剣な目付きになった。






































廉「そうか。。」

































廉「俺も、、諦めてへんから。」








































廉「ありがと…紫耀,」ボソッ