無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

じゅ〜いち。




ガチャ








「?!」

















紫耀「濡れおかき買ってきたぁ〜。」












廉「玄樹遅れるってぇ〜
!って女の子!!」
















「あっ。」

















海人「二人とも遅い!」




















廉「なんで、?」

















岸「昨日話したあの女の子。知り合いって言ってた。」



















「、、覚える…よね?」






















「幼なじみのあなただよ…!」
















紫耀「えっ!!!あなた!なんで東京に!!」















「!」




覚えててくれたんだ…!













「あのねっ!」





























廉「知らない…」ボソッ














「えっ…?」











岸「?」














廉「俺、あなたなんて知らんよ。。
幼なじみは紫耀だけだよ?なっ?紫耀。」














紫耀「えっ?。あっ。うん」














廉「ごめん。このために関東きたなら、帰った方がええで。はよ帰りな…。」
















「廉…?ホンマに覚えとらんの…?あの約束は…?? ずっと待っとったのに!あの言葉信じとったのに。」













廉「ごめん。」

















廉が忘れてる…。私のことを…





約束だけじゃなくて、、、私までも…




あの言葉信じてたのに…。

















「そ、そっか…☺️。本人が忘れとったらダメやよね…。かっ、帰る!!優太くん。海人くんバイバイ!ありがと。私のために…」












「紫耀と廉もバイバイ…。」














______________________________






嘘やろ…。




なんで泣いとるん?私。






私らしくないで?。。頑張りや、、、





廉の言ってた通り、帰った方がええのかな……。




二人とも…