無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

にじゅうはち













『 岸… 君だよね?、、 』






岸 「 そうそう。あのね、うんそう ッ 」














『 岸君がいたから 紫耀達に会えたの。。』









『 ありがと… ! ☺️ 』








岸 「 いや いや お礼なんてッ !」










『 あっ… えっと 玄樹…君 と 勇太君と 海人君も 、ありがとね。 』










玄樹 「 いえいえ 僕達なんもしてないよ 、ごめんね 」











海人 「 いえいえ ‪‪❤︎‬‪‪ 」











廉 「 てかあなた いつの間にか名前覚えてたんや。笑 」












『 ググッた 笑 Google先生神様。 』









紫耀 「 フルネームとか分かる?笑 」


















『 それは聞いてない。笑 そこまでわからん…。 』












廉 「 あなたは 暗記苦手だもんな。笑 」
























































































海人 「 廉と 紫耀の好きな人なら これからも仲良くしてね ‪‪❤︎‬ 」




















『 好きな人… ? ん? 』













廉 「 ち、ょ お前うるさいわ! ちゃうちゃう
なんでもないねん」















紫耀 「 俺は あなたの事好きだよ ‪‪❤︎‬ 」
















『 知ってるよ。 幼馴染やもん。 そんなん 』












『 廉はあまのじゃくやからしょうがないねん。! 』













廉 「 もうええから !笑 話題変えようや?なぁ? 」











玄樹 「 わかりやすいなぁ〜 」 ニヤリ












廉 「 やめてっ。笑 触れないでもう、、笑 」






「 ン? 」 ハテナ