無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

にじゅうなな






買い出しも 終わって 紫耀 に連れられて


みんながいる 廉 の家の前まで 来た。


























『 … 』










紫耀 「 ドアの前で止まって ドウシタ 」










紫耀 「 あれ ?? もしかしてドア開かないの ッ 」










『 う うん 違うよ … 』






『 ほんとに 大丈夫… ?? 』






『 私なんかが 参加しちゃって… 』








紫耀 「 平気だよ !! メンバー みんな 優しいしッ 。 」










『 なら いいんだけど … さ 』














カチャ






紫耀 「 買い出し遅くなったァ、 めんご」







海人 「 遅いよ 〜 」






玄樹 「 お腹空いた ッ 。 」







岸 「 あれ … ?? 」


















『 あっ … あなたです 、 、 』







紫耀 「 スーパーで会ったから 連れてきたんだけど。」







廉 「 あっ ほんとだ 紫耀から メール来てたわ。気づかんかったッ 。 」










『 お… お邪魔します ッ 』









廉 「 おう、 狭いけど どうぞ 」












































『 一人暮らしね … 。 廉 が … 』








廉 「 なに その言い方 笑 」









『 いや ぁ あんなだった廉が 1人で暮らしてるとかッ 』










海人 「 あんなって ?? 」










『 怖がり屋さんなの。 笑 意外に 』









紫耀 「くらい所とか 全然ダメなんだよねぇ。 廉は 笑 」









『 ま そこが可愛いかったんだけどッ 笑 』








廉 「うるせぇ ー 今は平気ですぅ ! 」







『 じゃあ 今度 お化け屋敷行こうよ 。 』







廉「 えっ … ま 、、 」








『 え ?? 平気なんじゃないの。 笑 』









廉 「 分かったよ、、、」