無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

じゅ〜さん。
by紫耀






あなたが出ていく…。








______________________________







岸「廉?!ほんとに知らないの?」

















廉「‪( ´•̥  ̫ •̥` )‬」












海人「泣いてるじゃん!」












「やっぱ、分かってたでしょ。」









廉はなんで僕に合図をしたんだろ…。













廉「あなただって、分かってたけど( இ﹏இ )」
















岸「なんで言わなかったの?」














廉「言ったとしても、あいつは関西に帰らなあかん。やから辛い思いさせたくないねん…。俺から迎えに行く…。」














「…」











廉の聞いて、納得したけど、、、



やっぱり納得しない…。



だって、あなたが悲しそうな顔してたもん…。










廉「ごめん。俺トイレ」





______________________________








「ねぇ。岸くん?」












岸「?」












「あなたがどこにいるか分かるんだよね?」
















岸「おばあちゃん家?」















「うん。」















岸「分かるけど…?」













「連れてって欲しい。明日、廉には内緒で」












岸「いいけど、いいの?」















「どうしても、、あなたに会いたい…。言いたい事がいっぱいある…」















岸「分かった。いいよ」