無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

じゅ~はち。













紫耀「岸くんに頼んで、あなたに会わせてもらった。」





























紫耀「僕が会いたいって言ったん。」





























廉「あなたの反応は……。?」















































紫耀「知りたい…?」































廉「知りてぇよ。」























紫耀「これだけ、教えてあげる」






















廉「ふぅ…。なに?」




































紫耀「あなたの口から、ちゃんと聞きなッ?」


















紫耀「あなた…。廉に会いたがってる…から」










紫耀は、ニコッと微笑んだ。





























廉「け、けど…、おれ」

































廉「あなたに…会わせる顔が無いで…」



























紫耀「そんなん謝ればえ…。ちゃんと今の状況を話さないともっと辛いで。あなたは」



























廉「せ、せやな…」
































廉「ありがと…。紫耀」






















紫耀「僕に言わんで、あなたに会った時に言うんやで。それを。笑」




























「せやな。」