無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

沖田くんの違和感
ある日のお昼頃
沖田総悟
沖田総悟
土方さァん
土方十四郎
土方十四郎
なんだ、総悟~
沖田総悟
沖田総悟
………
土方十四郎
土方十四郎
ん?なんだ?
沖田総悟
沖田総悟
いや、呼んだだけでさァ
土方十四郎
土方十四郎
そうか…
土方十四郎
土方十四郎
ん?
沖田総悟
沖田総悟
なんです?土方さん
土方十四郎
土方十四郎
ってかお前、いつからそんなんだったか?
沖田総悟
沖田総悟
土方さん、今気づいたんですかィ?
土方十四郎
土方十四郎
えっ
沖田総悟
沖田総悟
これでも、真選組の鬼の副長ですかィ?
沖田総悟
沖田総悟
遅いですねィ
沖田総悟
沖田総悟
笑笑
土方十四郎
土方十四郎
いつからだよ…
沖田総悟
沖田総悟
ずっとこうでしたよ
沖田総悟
沖田総悟
はじめて会ったときから
土方十四郎
土方十四郎
………
沖田総悟
沖田総悟
………
土方十四郎
土方十四郎
お前、
土方十四郎
土方十四郎
吸血鬼だったのか…
沖田総悟
沖田総悟
やっと気づいてくれましたかィ
土方十四郎
土方十四郎
総悟………


今回は、ここまでです!
初めてなので変なところはあるかもしれないけどよろしくお願いします!
沖田総悟
沖田総悟
よろしくお願いしまさァ
土方十四郎
土方十四郎
よろしくなァ
わーい!ねこわーるどぉ!
わーい!ねこわーるどぉ!
よろしくお願いします!