無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

551
2020/12/29

第8話

拝啓。フルスコア組様へ____
ピーターラートリー
ピーターラートリー
さあ入って。
今日からこの農園ハウスが君の家だ。ニコッ
(なまえ)
あなた
…ッ…
新農園にふさわしい、
真新しい廊下を歩いていると
ガラス越しにいやでも見えてくる
常人離れした体の子供達。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
君は此処が何処か分かるかな?
(なまえ)
あなた
…いいえ。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
まあ、知らない君のために教えてあげる。
新農園ラムダ。生まれたばかりの赤ん坊や
優秀な子供たちがいる。
(なまえ)
あなた
…そうですか。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
!!おや。あまり驚かないんだね。
しばらく沈黙が流れる。
頬を伝う汗で余計に緊張感が増す。
(なまえ)
あなた
何となく想定はしていたので。
(なまえ)
あなた
…あの。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
ん?なんだい?ニコッ
営業スマイルを今でも
顔に貼り付けているこの方に私は思わず
溜め息を流してしまいそうな中。
(なまえ)
あなた
何の実験をしているのですか。
さっきも言った通り想定はついていた。
だが突発的に聞いてしまった。____
そして、返してもらった言葉はこうだった。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
まあ此処は食用児の研究さ。
優秀な遺伝子を組み合わせ、より優秀な子供を作る。
そうすれば価値はどんどん上がって農園の利益も大きくなる。
まあ品種改良のようなものさ。
(なまえ)
あなた
…こいつは…こいつは________




























































































何を言っているんだ?
人の命がそんなにも軽いものか?
お前は命を、人を、何だと思っているんだ。
優秀な子供?価値、利益?
そんなの、知ったこっちゃない。
私は人間だ!!!!!!!!!!ふざけんな!!!!!
最初から私達食用児人間にはこんな運命定めなの?
そんな事を思っていると。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
もうついたよ。
(なまえ)
あなた
…え。
ピーターラートリー
ピーターラートリー
試験期間として一週間、君にはテストを
受けてもらう。いいね。ニコッ
「頑張りたまえ。」
"あの人"はそう言うと、笑みをこぼし
扉の奥に消えてった。
ドタッッッッ…
痛々しい音が聞こえる。
(なまえ)
あなた
ハあ…ハア…はァ…
(なまえ)
あなた
ンッ…はあ…
冷や汗が止まらない。
(なまえ)
あなた
エ…マ。ノーマ、ン。レイ…。
(なまえ)
あなた
私、もう…決めたよ。
(なまえ)
あなた
…あいつらを。
徹底的に潰すよ。
(なまえ)
あなた
今にみてろよ。
糞野郎共。
独りの女の子てんさいに。
一つのともしびが消えようとしていた。