無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
大吾side
今楽屋の前です。
『はよ入ろや』

夕凪「むりむり!ドア開けたらかいとくんおるねんで⁉︎」
そんなん分かってるわ!って心の中でツッコミをいれ…

ガチャ
永瀬「なにしてるん?」
なにしてるんて、久しぶりにあった元メンバーに言うことか!!
永瀬「あなた〜!!!会いたかったー!」

『でた。廉のあなた愛』

夕凪「廉くんうざいです。」















ここにおおにっちゃんおったらもっとおもろいで笑















『中入れてもらっていい?』

永瀬「もぅみんな帰ったで」

夕凪「は??来た意味ないやん。大ちゃん帰ろ。」
永瀬「あなた帰んの??」

夕凪「廉くんに会いに来たんじゃないんで」

『可哀想に笑』

永瀬「思ってへんやろ
まぁいいや、あなたまた会いに来てな♡」

夕凪「廉くんに会いに来たんちゃいます」
なんやかんや仲えぇよな←どこがbyあなた
『あなた、撮影もぅすぐやって』

夕凪「かいとくんおるとき教えてくださいね!」





帰っておおにっちゃんに「遅い!!!」って怒られました。笑










































































この小説面白いですか?笑
まだ3話ですが消そうか悩んでます笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

か り り 🌿
か り り 🌿
よろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る