無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

2日目 探索
786
2018/11/02 11:14


❲朝❳


仲田 ジンタロウ
みんなおはよ〜!
村岡 ナナミ
おはよう……
村岡 ナナミ
ジンタロウ早くない?
仲田 ジンタロウ
朝は強いんだよね。
その時だった。






仲田 ジンタロウ
え…?
ジンタロウが私の後ろの方を見て驚いている。
村岡 ナナミ
??
私は後ろを振り向いた。












村岡 ナナミ
_____!!


私の後ろには、口から血を流してぐったりと
倒れているチヅルの姿があった。
村岡 ナナミ
チヅルが………
仲田 ジンタロウ
……ナナミも驚かないんだ…
村岡 ナナミ
え?
村岡 ナナミ
驚かないって……?
そんな中、ケイヤが起きてきた。



須田 ケイヤ
みんなおはよ〜…
須田 ケイヤ
ってうわぁぁぁ!!
ケイヤはチヅルを見つけて後ずさりした。
須田 ケイヤ
チ、チヅル死んでるじゃん!!
村岡 ナナミ
う、うん……
ケイヤの叫び声に気づいたのか、何人かの人が
寝室に入って来た。
杉浦 ノア
どうしt……
杉浦 ノア
きゃぁぁあ!!
杉浦 ノア
チヅル!?
橘 イッセイ
嘘だろ……
今野 タイガ
死んでる…
すると、どこかからラビの声が聞こえてきた。
ラビ
花咲チヅルさんが殺された
ようですね!
ラビ
それでは今から昼の
12時まで、探索をし
てください!


ガチャ
寝室のドアが開いて、アヤノが入ってきた。
有馬 アヤノ
チヅルが死んだって聞いた
んだけど…
有馬 アヤノ
死んでるみたいだね…。


これで寝室には、全員が集まった。




私は人狼を探すよりも、この人狼ゲームの真実
を探していたいんだけど…
村岡 ナナミ
(今この部屋から出ると
不自然に思われるから、
後でいいか…)
私はチヅルを殺した人狼を、一時的・・・に探す事にした。
大垣 ミサキ
まず、私は「占い師」が
誰かを知りたいな〜。
村岡 ナナミ
(唐突!)
須田 ケイヤ
そ、そうだね…
人狼が分かるかも
しれないし…
須田 ケイヤ
じゃあ、自分は占い師
だって言う人手を挙げて。

スッ

村岡 ナナミ
(え…!?)
周りを見ると、2人が手を挙げていた。
アヤノとイッセイだ。
杉浦 ノア
なんで2人も…
仲田 ジンタロウ
占い師は1人しかいない
筈だから、アヤノとイッセイの
どっちかが嘘を付いてる
んだね。
橘 イッセイ
俺が本当の占い師だ。
有馬 アヤノ
私が占い師。
大垣 ミサキ
う〜ん。このままだと
永遠に分からないから
誰を占ったか教えて
くれる?
2人がうなずく。
有馬 アヤノ
私はナナミを占ったよ。
村岡 ナナミ
有馬 アヤノ
結果は白。
村岡 ナナミ
(良かった…)
これで黒とでも占われたら厄介だ。
私はホッと胸を撫で下ろした。
橘 イッセイ
俺はケイヤを占った。
須田 ケイヤ
!…結果は…?
橘 イッセイ
黒。
須田 ケイヤ
え!?
大垣 ミサキ
あらー。ケイヤが黒ですか。
全員の視線がケイヤに集まる。
須田 ケイヤ
お、俺は人狼じゃない
って!!
仲田 ジンタロウ
まぁ、まだケイヤが完全に
人狼だと決まった訳じゃ
ないしな…
須田 ケイヤ
そうだよ!!

まだケイヤが人狼だという証拠は無いし、時間は
たっぷりあるから探索を始めるか…
村岡 ナナミ
私は探索して来てもいい
かな…?調べたい事も多い
し。
杉浦 ノア
そうだね♡私も探索して
くるよ♡

そして、私は寝室を出た。