無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1日目 探索
632
2018/10/28 04:19
私は建物がどのような構造になっている
のか、調べる事にした。
村岡 ナナミ
(私の記憶が正しければ、
リビングの隣にはキッチン
があるはず…)
私はリビングを出て、隣の部屋に向かった。
隣の部屋には、冷蔵庫や包丁、食料などが
おいてあった。
キッチンのようだ。






その他にも色々と調べたが、この建物の構造は
前回の人狼ゲームと変わらないようだった。
ラビ
みなさんに1つ言い忘れてる
事がありました〜!!
急に、放送が流れた。
村岡 ナナミ
(言い忘れてる事…?)
ラビ
今回の人狼ゲームでは、
新しい役職が追加されて
います!
村岡 ナナミ
(大事な所を…)
ドジなラビっぽい。
ラビ
新たに、「占い師」が
追加される事になりました!
ラビ
「占い師」は、1日に
1人だけ役職を見る事
ができます!
ラビ
そういうことで!
そこで放送が終わった。
村岡 ナナミ
占い師か…
大垣 ミサキ
あ、ナナミ〜!
すると、キッチンの入り口から人が
入って来た。
村岡 ナナミ
あ、えっと〜…
大垣 ミサキ
ミサキだよ!
大垣 ミサキ
でさ、さっきの放送
聞いた??
村岡 ナナミ
うん。占い師っていう
役職が入ったんでしょ?
大垣 ミサキ
まぁ、それも気になるん
だけど…
村岡 ナナミ
??
ミサキは真顔になって言った。
大垣 ミサキ
私は「今回の」って
言ってた事が気になる。
村岡 ナナミ
……………………
村岡 ナナミ
どうして?
大垣 ミサキ
だって、前回・・があった訳
じゃないのに、「今回」
って言う必要はないと
思うの。
村岡 ナナミ
(……何が言いたいの…)
大垣 ミサキ
もしかしたら、前回・・
あったかもね!
ミサキは再び笑って言った。
村岡 ナナミ
そうかもね…
私はこれだけ言っといた。
否定も肯定もしない。私が経験者だとバレない
ためには、1番だ。
大垣 ミサキ
話はそれだけ!聞いて
くれてありがと!
村岡 ナナミ
うん。
ミサキは足早にキッチンを去っていった。
村岡 ナナミ
(ミサキは結構細かい所に
気づくから、警戒しないと…)