無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5
2021/07/22

第2話

第2話☁️
あー給食だ。

うわぁ…白玉か…最悪
じゅん
じゅん
俺も白玉無理笑
あなた

じゅん嫌いなもの多いよね笑

じゅん
じゅん
は?お前もだろてか早く座れ
あなた

はいはい

こんなやり取りを毎日。

あー。好きな人と話せるって幸せだな。

ずっと続いたらいいのに
皆  「いただきます!」

先生 「白玉オカワリする人ー!」
ゆうき
ゆうき
はい!!おかわりする
あなた

ゆうきな。あんなに食うから太るんだよ。

じゅん
じゅん
お前もたいして変わんねぇよww
あなた

は?!お前に言われたくねぇし!!

なにこれ。楽しい。

ぼん!
じゅん
じゅん
え?なにw
ゆうき
ゆうき
なんのおとだよ!うわっ!きったね!
あなた

え?!なにが起きた?

な な
な な
ごっめw笑っちゃって白玉吹っ飛んだ
あなた

なにやってんのw

ゆうき
ゆうき
お前きっしょw
じゅん
じゅん
それな
な な
な な
はぁ?!黙れよ笑
なーに。白玉吹っ飛んだって。

本当に吹っ飛んだ。

馬鹿野郎

そんな日々が本当に幸せだったな。
給食が終わり。


5時間目が終わり

じゅん
じゅん
よしっ!帰れる!帰ろ!
あなた

はいはい。帰りの会始まるよ

じゅん
じゅん
だりぃ。あーそういえば。