無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
726
2018/06/07

第9話

初めての放課後デート
中間sibe

照史と付き合って3週間が経った。

今日は初めて照史と放課後デートすることになった。

俺はずっとデートのことばかり考えていて授業が頭に入らなかった。
桐山sibe

淳太くんと付き合って今日で3週間が経った。

今日初めて放課後デートすることになった。

昼休み俺は淳太くんとのデートプランを考えていた。

デートプランを考えてる時はすごく楽しかった。
中間sibe

放課後になり俺は照史の席に行き
中間
照史帰ろ!
と言った。
桐山sibe

放課後になり俺はノートや教科書をカバンに入れていた。

すると淳太くんが俺の席に来た。

そして2人で学校を出た。

俺は淳太くんに
桐山
どこ行きたい?
と聞いた。

すると淳太くんは
中間
んースイーツ食べたいな
と言った。

俺の予想が的中した。

俺は淳太くんを連れて行きつけのパフェのお店に行った。

お店に入ると今日は珍しくお客さんが少なかった。

俺は奥の二人がけの席に向かった。
中間sibe

学校を出てから照史にどこに行きたいか聞かれた俺はスイーツが食べたいと言った。

すると照史はパフェの店に連れて行ってくれた。

そして店に入り奥の二人がけの席に座った。
桐山sibe

10分後注文したパフェが来て2人でお互いのパフェを食べ合ったりした。

それからパフェの店を出て古着屋さんやゲームセンターなどいろいろなところを歩き回った。

ゲームセンターでは淳太と初めてのプリクラを体験した。

楽しい時間はあっという間に過ぎた。

そして俺らは学生生活を楽しんだ。
中間sibe

パフェを食べ終わり店を出ていろいろなところを歩き回った。

照史の行きつけの古着屋さんにも行った。

その後ゲームセンターに行って照史と初めてのプリクラを体験した。

楽しい時間はあっという間に過ぎた。

こうして俺らは学生生活を楽しんだ。
END