無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

894
2018/06/07

第5話

初めての体育祭
中間sibe

照史にとっては初めての体育祭。

照史は朝から緊張しているようだった。

俺はそんな照史に
中間
そんな緊張せんでも大丈夫やで。 初めてなんやし失敗して当たり前やから
と優しく声をかけた。

照史は俺を見て頷いた。

濵田sibe

照史にとっては初めての体育祭。

照史は朝から緊張しているようだったが淳太がかけた一言で緊張がほぐれたみたい。

競技が始まり学園のグラウンドが声援などで騒がしくなり始めた。
藤井sibe

午前中最後の競技は二人三脚や。

この競技に出るのは淳太と照史。

照史は緊張してるのか顔が強ばっていた。
重岡sibe

午前中最後の競技 二人三脚。

この競技に出るのは淳太と初めて体育祭に参加する照史。

照史は緊張からか足が震えているように見えた。

小瀧sibe

午前中最後の競技が始まった。

続々とスタートし いよいよ淳太と照史の番が来た。

俺は2人を応援した。
神山sibe

午前中最後の競技が始まった。

次々にスタートしていよいよ淳太と照史の番。

淳太と照史がスタートし ゴールまであとちょっとという所で照史がコケた。

俺はずっと2人を見ていた。
中間sibe

ゴール目前で照史がコケてしまった。

俺は
中間
大丈夫か?
と言って照史を立たせた。

すると照史は
桐山
ごめん 
と言って俯いた。

照史の足を見ると血がたくさん出ていた。

俺は近くにいた先生を呼び照史と途中退場した。