無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2022/08/05 00:51
完結

通ってる塾の優等生がなかなか見つからない

通ってる塾の優等生がなかなか見つからない
  • 青春・学園
  • 夢小説
  • デイリーランキング最高 170 位(青春・学園)
  • 始まりの合図
俺、上鳴電気が雄英に合格するまでに通ってた塾があった。
俺の隣の席は優等生の1人の男の子がいた。
頭脳明晰、容姿端麗、気宇広大、三拍子揃った逸材。女にもモテて、周りにも好かれていた。
そいつも俺と同じ雄英志望で個性は知らないけど合格は間違いなしと言われていた。



だけど、いざ合格すると、あいつはどこにもいなかった。
「上鳴、紹介するな。俺の幼なじみ。」
「よろしく、上鳴?」
そう言って笑う彼女はどこかアイツに似ていた。

チャプター

全40話
44,796文字
第40話
起こした奇跡と最後の君
第39話
進む未来
第38話
重なる回帰
第37話
遊園地と最後の時間
第36話
高校合格と女の子
第35話
14回目の瀬呂と1回目の俺
第34話
未来から来た
第33話
すきときらい
第32話
理想と現実
第31話
出会ったころの君
🐰🐰

🐰🐰

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る