第29話

27話
940
2023/11/25 01:55
ギーラ
平静を失い、魔力の出力が不安定になったようですね
今までグリアモールの魔力に閉じ込められていた

ギーラとジェリコが近寄ってくる。
ホーク
この豚畜生共がぁぁぁぁ‼︎
三度目の正直じゃ〜‼︎
グリアモール
貴…‼︎
グリアモールが怒りの声を荒げようとすると

ギーラは彼の背中を爆破させた。
グリアモール
ぐぁっ‼︎
ジェリコ
ギーラ‼︎良いのか?聖騎士長の息子だぞ
ギーラ
七つの大罪に襲われベロニカ王女と共に非業の死を遂げた…
ギーラ
それで十分でしょう?
ジェリコ
…おっかねぇ女
ギーラはメリオダスの刃折れの剣を持つと

エリザベスに手を差し出す。
ギーラ
さぁエリザベス王女、我らと参りましょう
無駄な抵抗などされぬよう協力をお願いします
あなた
待て
ギーラとエリザベスの間に霧が立ち込める。

ギーラは一つため息を吐くと

あなたの方へと顔を向けた。
ギーラ
…何でしょう?〈虐殺レプスシン〉あなた
あなた
大方予想はつくが、君達の目的はなんだ?
なぜソレとエリザベスを狙う
ギーラ
……
ギーラ
魔神族の復活
あなた
やはりか
あなたが顔を顰めると同時に

血だらけのバンがジェリコに蹴りを喰らわす。
あなた
バン、君の傷が治らないとは不思議だね?
今度私も試させてくれ
バン
るせぇ〜よ魔力オタク♪そういうテメェもズタボロじゃねぇか
それに黙って寝てられっかっての〜♫
ギーラ
さっさと片付けて
ギーラがエリザベスの腕を掴むが

エリザベスはそれを拒みベロニカを抱き締め泣く。
エリザベス
…ぁ…あぁ……あぁあっ…‼︎
ベロニカ姐様ぁぁ‼︎‼︎
エリザベス
…ぁぁ…助けて…メリオダス様…‼︎
ギーラ
呼んでもその英雄は石の中…
助けになど来ませんよ
エリザベス
お願い…メリオダス様……
エリザベス
メリオダスーーー!!!!
ギーラ
良い加減に…
その瞬間、ギーラの言葉を遮るように

女神の琥珀からどす黒い魔力が溢れ始めた。

すると女神の琥珀にヒビが入り、割れてしまった。
あなた
(クソッ‼︎この解放のさせ方は不味い‼︎)
バン
団ちょ…?いや違う…この感じ……
バン
まさか…‼︎
そうして現れたメリオダスは

瞳を真っ黒に染め、黒の模様を身体に纏わせていた。
ギーラ
メリオダス‼︎
どうやって女神の琥珀から…‼︎
そう言ったギーラは自身の左手に痛みを感じた。
ギーラ
え…あ……
ギーラは自身の左手を見ると

そこには左手首より上が存在していなかった。
ギーラ
あ"ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼︎‼︎
そしてその手は、メリオダスの手の中にあった。
あなた
団長!正気に戻れ‼︎
あなたは神器を取り出すと

エリザベスとホークに完璧なる立方体パーフェクト・キューブをかける。

そして自身の瞳を一にすると

メリオダスを囲むように炎の柱を出した。
メリオダス
………
しかし、メリオダスに幻術は効かなかった。

直ぐに幻術は消えてしまい

メリオダスは刃折れの剣を軽く振るう。

すると地面に亀裂が走り

その衝撃は聖騎士の二人を襲った。
ジェリコ
ぐぁぁぁっ‼︎
ギーラ
…っ……‼︎
あなた
(…ギーラが死にかけてるが、あの女聖騎士の持つ呪言の玉で何とかなるはず)
あなた
バン
バン
あ〜?♪
あなた
あの女の傍にいろ
彼女達は呪言の玉を持っている
バン
…良いもん持ってんじゃねぇか♫
あなた
(盗る気だな…)
あなたは鼻で軽く息を吐くと

目の前にいる化け物 メリオダスに目を向ける。
メリオダス
………
あなた
(アレは使いたくなかったが…)
あなたが右手を六道眼に触れようと動かした途端

メリオダスは地を蹴り聖騎士の二人を吹き飛ばした。
あなた
なっ…‼︎
バン
てめぇ、マジに団ちょなのか⁉︎
メリオダスはバンに突っ込んで行くと

右手でその胴体を真っ二つに切り裂いた。

そしてその場で回転し始め地面を抉り始める。
あなた
(まずい…‼︎何も見えないこの状況では‼︎)
あなたは舌打ちをすると

三叉槍を目の前に掲げグルグルと回転させる。

暫くそうしていると砂埃は消えていった。

そしてあなたが見たのは

自身の周り以外の地面が抉れているというものだった。
あなた
な、何だこれは……っ‼︎
あなたが後ろに寒気を感じ振り向くと

そこにはメリオダスが立っていた。
あなた
だ、団長……
メリオダス
………
メリオダスはあなたの匂いを無言で嗅ぎ始める。
あなた
な、だ、団長…?
メリオダスの行動に困惑するあなたを一瞥すると

そのままメリオダスは何処かへ行ってしまった。
あなた
な、何だったんだ…?
置いてけぼりにされたあなたは

赤い顔をして座り込んでしまっていた。

プリ小説オーディオドラマ