無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2021/08/05

第5話

4
初めにあの2人に違和感を抱いたのは初めて2人同時に会った時だった
碧さんがおそらく2人分の荷物を持っていたけど1番汗を流していて、1番疲れていそうだったのは妹のあなたさんの方だった
そして確信を持ったのはついさっき
あなた
ゲホっゲホっ
るぅと
……!?なにが…
るぅと
ッ碧さん…?
見た。殴っていた。碧さんがあなたさんを
ただこれをどうすればいいのか分からなかった
写真を撮るのも忘れていたし、言っても多分誰も信じない
るぅと
(でも、なーくんなら信じてくれるかも…)
***
るぅと
あの、なーくんちょっといいですか?
ななもり
いいよ〜ちょっと待っててね
るぅと
はい
ななもり
ん、どうしたの?
るぅと
えっと実は…碧さんとあなたさんのことなんですけど
ななもり
……
るぅと
もしかしてなーくんも心あたりある?
ななもり
うん。実はね
ななもり
ご飯の前に、俺あなたちゃんの嫌いなもの?とか聞いてたんだけど
ななもり
その時さ、ご飯の量減らして欲しいとか言われろと思うの。少なくとも俺らが知ってる碧ちゃんは
ななもり
でも逆にご飯の量増やしてみたいな事言われたんだよね
るぅと
…じゃあ確実ですね
ななもり
るぅと
信じて貰えるか分からないんですけど、ご飯前に呼びに言った時碧さんがあなたさんの事殴ってたんです
ななもり
……それ、ほんと?
るぅと
はい。多分あの様子だとずっと暴力を受けてた可能性も無くはないと
ななもり
様子見って感じかなぁ
るぅと
でも手遅れになってしまうかも…
ななもり
そうだね…