無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2021/08/05

第4話

3
あなた
……今何時
あなた
6時って…結構寝ちゃったな
あなた
……夜ご飯どうしよう
私は長い間まともな食事をしていなかったせいか、ご飯はあまり食べられない。
ご飯は小さめのパンで足りてしまう。というより量が少ないものじゃないとだめだ
そのおかげか最悪無くても1日は大丈夫な体になってしまった
多分ご飯の時呼ばれるだろうし寝たふりをしよう
あなた
(イヤホンどこに入れたっけ…)
あなた
あった…
コンコン
あなた
(やば…)
るぅと
夜ご飯出来ましたよ
寝たふり…寝たふり
るぅと
?寝ちゃいましたかね
よかった、やり過ごせたみたい…
ちょっとあなたー!?寝てるの〜?
あなた
なんで来るの…
入るよ〜
なっ…
寝てる…お〜い起きて〜ご飯出来たよ
るぅと
あ、碧さん僕戻ってますね
りょうか〜い
どうするべき?起きる?
あなた
!?……ゲホっゲホっ
おいさっさと起きろよ
あなた
は、い…
あなた
ゲホっ…ゔぇ
***
全員
いただきまーす
あなた
いただきます…
夜ご飯はカレーだった
だめだ量が多すぎる。こんな食べきれない
あなた
(とりあえずお茶)
何もしなかったら面倒くさいことになるだろうし
さとみ
あ、お茶探してる?
あなた
あ、はい
さとみ
どうぞ
あなた
ありがとうございます
あなた
ふぅ…
少しずつ食べよう。
あなた
………
美味しい。美味しいけれど
あなた
(やっぱ量多いな…)
食べ終わっている人もちらほら
羨ましいな、とも思う
無理だ。まだ4分の1食べてないのに。これ以上は食べれない
あなた
(どうしよう…)
無理にでも食べると吐くし。かと言って残すのも失礼だし。何言われるか
多分あの人はこうなると分かっていたと思う
あなた
(最終手段だな…絶対使いたくなかったけど)
あなた
あの、お姉ちゃん
んー?どうしたの?
この人たちの前ではいい子ぶって気持ちが悪い。吐き気がする
でもそれを利用する私も気持ち悪い
あなた
もう、食べれないからお姉ちゃん食べてくれない……?
りょーかい!あなた小食だもんね!
そんな大声で言わないでよ
あなた
あり、がとう
あなた
あの、ごめんなさい
ななもり
全然、大丈夫。あなたちゃんあんまりご飯食べれない?
あなた
はい。その…えっと、私ご飯が食べれなくてっ…それで…
ななもり
うん
あなた
、だからこれから夜ご飯は…大丈夫です
ななもり
分かった。教えてくれてありがとう
あなた
?…あ、いえ私の方こそすいません
あなた
じゃあ…ご馳走様でした
よかった。揉め事にならなくて
ころん
なにあれ…
あなた
……ごめなさいっ