第35話

さんじゅうご
12,230
2019/11/20 12:32
ななもりside











そんな事を、軽々しく言うもんじゃないよ。





























七森 颯太(ななもり)
あなた





















握る手は、


俺よりも一回り二回り小さい。










































あなた
な…なな、なに…
七森 颯太(ななもり)
どうしてそんなに真っ赤なの?
あなた
そんな事…ない……ですが
七森 颯太(ななもり)
へえ?


























あからさまに赤い。


面白い。
































七森 颯太(ななもり)
じゃあ、もっと近くなる?





















もっと近く、


布団の中の時みたいに。

































あなた
や……、あの…
七森 颯太(ななもり)
きて































距離も、


限りなくゼロに近いくらいに。












































七森 颯太(ななもり)
あなた





























ああ、こんなにまっかっか。














































七森 颯太(ななもり)
恥ずかしい?

























困った顔に、


恥ずかしそうな顔に、


焦ってる顔。


全部が混ざったような表情。


面白いな。















































あなた
は……ずかしいです
七森 颯太(ななもり)





























いっぱいからかいたい。
















































あなた
しっ…心臓が…止まります…
七森 颯太(ななもり)
なんで?
あなた
どきどき…して……です




































ぺたん、と俺の前に座った。


握っている手が、すごく熱い気がする。






















七森 颯太(ななもり)
この程度で、こんなになってどうするの?
あなた
え______…





























あなたのこんな顔とか、


絶対他の人に見られたくないんだけど。










































七森 颯太(ななもり)
これから先、もっと恥ずかしいするのに































まあ、見せないけどさ。



































あなた
え…?!まだ何かあるの…?!
七森 颯太(ななもり)
そうだね。あなたが知らないこといっぱいあるね
あなた
なに…?!こわい…!?
七森 颯太(ななもり)
怖いってなに
あなた
わかんないよ…




































本当に、ちょっと純粋過ぎじゃない?


知らな過ぎて.......


あなたばかだ。






























あなた
そっ…それはいつ起こるの…?!
七森 颯太(ななもり)
なにが?
あなた
もっと恥ずかしい事って…!
七森 颯太(ななもり)
……、そうだね

























いつって言われても。


今だって押し倒せない事もないけどね。


でもそれはちょっと俺が最低の人になるから












































七森 颯太(ななもり)
あなたが色々と大人になってから、かな



























まあ俺の我慢の限界もあるけど、


早く大人になってよね。色々と。


....色々と。
























プリ小説オーディオドラマ