無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

怖 い 女
イェリ
あなたー!!
あなた

なに?

イェリ
今日さ、テテの家に行かないと行けないらしいから一緒に帰れないごめんね。
あなた

うん

イェリ
バイバイ
あなた

ば~ぃ

あなた
1人で帰るの楽しくないし오빠のとこ行こ













〜 廊下に出ました 〜

























あなた

あっ、오빠!!

Suga
おぉあなた
あなた

帰ろ

Suga
おぅ
と言っても2人無言。




○○ おっヒョン
Suga
あ?
テヒョン
怖っ
テヒョン
それよりイェリ見ませんでした??
Suga
あなたみた?
あなた

教室にいると思うけど。

Suga
だってよ
テヒョン
あざ。
テヒョン
ヒョンじゃあ、また
Suga
おぅ
あなた

오빠。




























































ちゃっれぇな。だれ?

Suga
口悪い。


2組にいるだろ?
テヒョン
あなた

あぁ。

あの、金髪でピアスで耳ボッコボコの人か。

へぇ~。仲良いんだ。

Suga
まぁな。
あなた

でも、顔はいいよね。
























































































あいつ落とそ。ニヤ

Suga
あいつ女に興味ねぇよ
あなた

あっそ。









































































































































































































































































































あなた ち ゃ ん は 男 で 遊 ぶ の が 大 好 き な ん で す 。