前の話
一覧へ
次の話

第1話

オープニング
夢を見る

それははっきりとしたもので、起きても覚えているものだ

そして、必ず誰かが泣いているの
泣かないでほしいのに...

さよならはいわなくきゃいけないのに...







無事に任務を終え、屋敷へと帰宅するあなた。肩に乗る鎹鴉は何かを思い出したかのように空へ飛び立った

鎹鴉
カァーカァー、
御館様より、産屋敷へ産屋敷へ
カァー!
天使 いろは

御館様が?わざわざ?
何か任務でやらかしてしまったかかな?
勢いよく助走をつけ、町の建物の屋根を走り山をこえる
天使 いろは
鎹鴉、御館様は私になんのようだと思う?
鎹鴉
知らんな!
カァー
天使 いろは
まぁ、いってみればわかるよね
あっという間に産屋敷に付き、御館様の所へ足を進める
御館様
よく来たね
君に大事な話があるんだよ