無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2020/04/21

第5話

恋人同士
隼人sied
なんであんな事したんだろ

気づいたら体が動いてた
ピンポン
加奈耶優
加奈耶です
先から何か言いたそうな顔をしてる
加奈耶優
優希から聞いたの保健室まで運んでくれたんだよねありがとうあと…みんなに付き合ってるって言ったの?
彼女は俺の顔色を見ながらしゃべってる
赤星隼人
ダメだった?
加奈耶優
いや、だって赤星が言うなって
加奈耶優
正直嬉しかったうちの事好きじゃないと思ってたから
やっぱそう感じてたんだ
赤星隼人
なんで俺に告白したの?
ずっと聞こうと思ってたけど
少し間が空いた
加奈耶優
入学式の生徒代表の言葉喋ってたでしょ
あの時の「自分が信じた道を突き進みましょう」って言ってたじゃんあの言葉がすっごい突き刺さったんだよね
ニコニコと笑いながら彼女は答えた

正直そんなしっかりした理由で告白してくれたのは
正直嬉しかった
次は彼女が
加奈耶優
なんで告白おっけいしてくれたの?
言い終わった後
加奈耶優
やっぱいいや
赤星隼人
何を叶えればいいの?
赤星隼人
球技大会負けたから
加奈耶は思い出したような顔した
加奈耶優
あー今日は
赤星隼人
なんだよ
加奈耶優
1つ目は名前で呼んで欲しいて
2つ目は
少し間をあけ
加奈耶優
手繋ぎたい
顔を赤くしてこっちを見た
赤星隼人
優好きだよ
彼女の真っ赤な顔にキスをした

彼女はびっくりして固まってる
加奈耶優
なななああ
赤星隼人
俺も1ついい
赤星隼人
優希って奴とあんまベタベタすんな
彼女は笑って言った
加奈耶優
もしかして嫉妬?
今度はこっちが照れる番だった

彼女がほっぺにキスをした
加奈耶優
大好きだよ隼人
…………………………………………………
次の日
昨日の事が頭から離れない

初キスしかも
赤星隼人
聞いてんの?
加奈耶優
ごめん
一緒に登校してるのが夢みたいで
赤星隼人
ばーか
昨日で一気に距離が縮まった気がする

ここまで来るのに1年半もかかったなあ
矢崎優希
優まじだったんだ
浜辺蘭
なんでうちらにも教えてくれなかったの
加奈耶優
ごめんうちだけこんな幸せで
浜辺蘭
惚気ムカつく
教室入るともっとうるさかった
クラスメート
蛍雪の赤星と付き合ってるのほんとなのかよ
クラスメート
てっきり優希と付き合ってるのかと
加奈耶優
優希とはこれからも馬鹿やってくよ
加奈耶優
あ、でも前みたいにベタベタは出来ないけど
加奈耶優
彼氏がそう言っててさあ
絶対今の顔ニコニコだ
浜辺蘭
結局惚気かよ
矢崎優希
あいつのどこがいいんだよ
俺の方が絶対いいって
加奈耶優
何に張り合ってんのやっぱバカだ
冗談かと思ってた言葉は優希の精一杯の言葉だったんだね