無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2020/04/20

第2話

君の走りすがた
隼人side
高校に入って何人目だろうか今日も告白された
加奈耶優
好きです付き合ってください
俺は決まってこう返す
赤星隼人
いいよ
赤星隼人
でも付き合ってる事は内緒にして
彼女はキョットとした顔をしたいつもの事だ多分2~3週間したら別れるそう思ってたどうせ俺の事本気で好きな訳じゃない今までだってそうだった
なのに
付き合って1年半をすぎた正直こんなに続くと思ってなかった
加奈耶優
いいよでも週に5回いや3回電話付き合って
彼女はとびっきり笑顔で言った
あまり周りに興味がない俺でも彼女いや加奈耶の事は少し知ってた
……………………………………………………
入学当初
陸上の部活見学で
女子生徒
やめてください
3年の先輩が1年の生徒にセクハラまじき行為をしてた
先輩
別にいいだろ
彼女が先輩の手をとった
加奈耶優
恥ずかしくないんすっか
先輩
誰だお前
加奈耶優
先輩という肩書きを利用してる最低な奴に名乗る名前なんてございません
先輩
お前
先輩が手を振りかざした
だが
加奈耶優
先輩100m競走で決めません?
先輩
負けたらどうすんだよ
少し考えて彼女は口を開いた
加奈耶優
彼女にでもなりましょうか?
先輩はニヤリと笑って
先輩
約束は守れよ
男子生徒
よーいドーン
結果は僅差で加奈耶の勝ちだった
この時なぜか体が熱くなった気がした
それから彼女は学校でも目立つ生徒になっていった
彼女の教室と俺の教室は校内でも1番離れた距離にあるので学校で会う事は少ないがすれ違った時は必ずニコッと笑って小さく手を振る
矢崎優希
お前誰に手振ってんのもしかて見えちゃいけないもの見えてんの?
加奈耶優
バカーっ本当優希最低
こいつとは常に一緒にいるらしく電話で話題がまたに出る正直面白くはない
…………………………………………………
この前の昼休み
神田先生に質問しに行った時2人に遭遇した
机に山盛りのプリント類があった何回か加奈耶の勉強を教えた事があるがこの分野は苦手なはずだった
神田先生
お待たせ
気になって聞いてしまった
赤星隼人
あの二人って仲良いんですか?
不思議そうに答えた
神田先生
教師が言うのは変だが付き合っててもおかしくないな
っと笑いながら言った
クラスではW優カップルと言われてるらしい
………………………………………………………
放課後
自分からめったにLINEはしないが
「勉強教える」と打ったら変なスタンプと共にすぐLINEが来た
加奈耶優
秒で行く!!
ピンポン
インターホーンに笑顔で手を振ってる彼女が映る
手には塩味のポテトチップスを持ってる
前1回言っただけなのに覚えてるらしい
加奈耶優
お邪魔します
加奈耶優
教えてくれるなんてハッピーすぎる
隼人と燃やそっかって話してた所だったのあ、あいつ出来てるかな
思わずため息をついてしまった
彼女はびっくりしてこっちを見てるしまったと思ったが
加奈耶優
もしかしてこんな簡単な問題につまずいてるのに怒ってる?
彼女は真剣な顔で言った正直バカでよかったと思う
加奈耶優
やっぱわかりやすい神ちゃんじゃなくて赤星が先生やってよ
ピッコンピッコンピッコンピッコン
彼女の電話が鳴った
加奈耶優
もしもし優希どうした
書いてたペンが止まった
彼女の顔が曇り
加奈耶優
ごめん今日は帰るごめんね
いつもはなかなか帰ろうとしない彼女がさっそうと出ってた
彼女は俺のどこが好きなんだろ