無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

118話
~あなた~
先生
今日は終わり、気をつけて帰れよ~
あぁ・・・
終わってしまった・・・
石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
あなたっ!またね!
あなた

う、うん・・・

吉野拓斗   タクト
吉野拓斗 タクト
大丈夫だってw
あなた

大丈夫じゃないよ・・・

石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
もうちょっと亜嵐さんのこと意識してみたら?
あなた

え、どゆこと?

石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
ん~、色々観察してみる?とか?
あなた

な、なんでそんなこと!?

吉野拓斗   タクト
吉野拓斗 タクト
自分の気持ちに気付くから、でしょ?
石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
そうそう!
あなた

私が亜嵐くんを好きなのか分かるってこと?

石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
多分ねー(笑)
あなた

よくわかんないんですけど・・・(笑)

吉野拓斗   タクト
吉野拓斗 タクト
ま、頑張れー
石井愛梨   アイリ
石井愛梨 アイリ
うんうん!
あなた

2人とも酷いよ・・・

あなた

他人事だと思ってー、、

いいもーん、
私だってちゃんと恋愛くらいできるし
亜嵐くんのことだって、平気だし・・・







うそうそ、無理でした。。













行きたくないよぉぉ!!
亜嵐くん怒ってるよな・・・
絶対怒ってるよな・・・
なんて謝ればいいんだろう、
出来ればささっと謝ってもう帰りたいよ・・・




事務所に行くことが嫌って思ったのは
私がGENEに入って初めて。
ううん、正確には、嫌、じゃなくて怖い。
こんなことになったのは私のせいなのにな、










ついに来てしまった事務所。
私の前には楽屋のドア。
この先に、みんなが、亜嵐くんがいる。
やっと楽に入れるようになったこの部屋も
今はほんとに入りたくない、
小森隼
小森隼
あ!あなたちゃん!
え、隼くん!?
中務裕太
中務裕太
早かったなぁ(笑)
裕太くんも!?

え、ちょっと待ってちょっと待って?
もしかして・・・
白濱亜嵐
白濱亜嵐
学校お疲れ、あなたちゃん。
亜嵐くぅぅぅん!!
冷静に会えるように心構えしてたのに!
なんで部屋の中に居ないのぉぉぉ??
あ~~!!!
どうしよう、どうしよう、
あなた

こ、こここんにちは、!!、

やばいやばい、
完全にテンパってる!
今すぐにでも逃げ出したい、!



吉野北人
吉野北人
あ、あなた!
え、北人!?
あなた

ほ、ほほほ北人!?

川村壱馬
川村壱馬
やっほ(笑)
あなた

か、壱馬、!?

なんでさらにいるのぉぉ!!
無理無理、ほんとに無理!
え、これどうすればいいの、?
吉野北人
吉野北人
ねぇ、楽屋来てよ!
あなた

が、楽屋、、?

川村壱馬
川村壱馬
みんな会いたがってるからさ(笑)
つまり、ランペの楽屋に遊びn・・・
あなた

うわぁ!

テンションが高い北人に手を引かれ、連れていかれる。
隣にはニッコニコの壱馬。


愛梨、北人、ほんとに助けて、、