無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

102話
~玲於~
ガラガラ🚪
小森隼
小森隼
あなたちゃん!
ったく、熱あるんだからもうちょっと静かにすればいいのに、
あなた

あ、みんな、

中務裕太
中務裕太
大丈夫か?
あなた

うん、熱も下がってきてるみたい。

関口メンディー
関口メンディー
安静にしてなね(笑)
あなた

ありがとう・・・。

あなた

みんな、、ごめんね。

あなた

また迷惑かけちゃって、、、

でた、迷惑かけてごめん。
何回この言葉を聞いたか、w
どうせ否定しても無駄なんだろうな、
数原龍友
数原龍友
大丈夫やから、気にすんなって、w
あなた

お仕事は、?大丈夫なの、?

片寄涼太
片寄涼太
そんなのあなたちゃんが気にしなくていいよ^^*
看護師さん
今日はゆっくり休むために、ここに泊まってもらいます。
看護師さん
明日からは普通に過ごして貰って大丈夫です。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
うん、それがいいと思う。
あなた

ごめんね、、

佐野玲於
佐野玲於
もう、わかった、w
看護師さん
では、そろそろ・・・
マネージャー
マネージャー
行こっか。
小森隼
小森隼
またね、あなたちゃん!
あなた

うん、ありがとう^^*

中務裕太
中務裕太
はよ元気になれよ~!
あなた

頑張る(笑)

佐野玲於
佐野玲於
また来るから。
あなた

待ってるね(*^^*)

俺たちは病室を後にした。


その時、亜嵐くんが何かを呟いた。

ごめん、亜嵐くん。
聞こえちゃった。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
好きだよ、あなたちゃん。














事務所に戻り、詳しい事をHIROさんに報告する。
たまたまランペと会って、あいつらにも知られてしまった。
吉野北人
吉野北人
あなた大丈夫なんすか?
小森隼
小森隼
大丈夫って言ってたけど、
川村壱馬
川村壱馬
今度ご飯行こうって言っておいてください
佐野玲於
佐野玲於
え、ダメ。
吉野北人
吉野北人
なんでぇぇ!
小森隼
小森隼
ダメなもんはダメ!
隼と2人であなたちゃんを守りながら楽屋に入る。
佐野玲於
佐野玲於
全くあいつら、、
片寄涼太
片寄涼太
(笑)
俺の頭の中は亜嵐くんの言葉でいっぱいいっぱいだよ、

俺に勝ち目あるのかな、
マネージャー
マネージャー
今日はもう解散。お疲れ様。
マネージャー
マネージャー
また明日ね。
関口メンディー
関口メンディー
お疲れ~
楽屋を出て家に帰る。
あなたちゃん、何してるかな・・・
帰ったらLINEしてみよ
にしても、
亜嵐くんに取られたらどうしよう。
あなたちゃんを俺のものにしたい  と考え出したのは
この時からだった。