無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第129話

123話
~あなた~
ガチャ🚪
あなた

お疲れ様です・・・、

現在2時48分。
小森隼
小森隼
あなたちゃん!
片寄涼太
片寄涼太
学校楽しかった?
あなた

どうしたの、急に。(笑)

佐野玲於
佐野玲於
あなたちゃん学校でいじめられてない?
あなた

ほんとにどうしたの(笑)

学校のことなんて、今まで聞いてこなかったからびっくり。

いじめられてないかって言われたら、、
微妙なんだよね・・・(笑)
相変わらず私のことをコソコソ言っている人はいるけど
何かされるわけでもない。
それに、私には愛梨と拓斗がいるから傷つくこともない。
うん、微妙。
数原龍友
数原龍友
いや・・・大丈夫ならええんやけどな、その・・・
白濱亜嵐
白濱亜嵐
さっき北ちゃんが来てさ、弟くんがあなたちゃんが陰口言われてるって言ってたんだって。
思わぬ情報源だ・・・
あなた

大丈夫だよ(笑)

あなた

何かされてる訳でもないし、私全く気にしてないから(笑)

中務裕太
中務裕太
・・・ほんまに大丈夫か?
あなた

ほんまに大丈夫!(笑)

GENE
・・・
関口メンディー
関口メンディー
なんかあったら言いなね?
あなた

ありがと!

心配してくれてるみたいだけど、
ほんとに大丈夫だから。











その日は仕事が少なくて、
4時には終わった。
小森隼
小森隼
ねーねー、俺さ、あそこ合わせたいんだけど、、
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ならちょっとだけ練習しよっか。
あなた

そうだね、私もそうして貰えると助かります・・・

午前中は私以外で合わせてるけど、
8人でやるのはあまりない。
披露する場所が今のところないから大丈夫なんだけど、
やっぱり調整は必要だと思う。

とりあえず、パフォーマンスするのが多いと思われる
AGEHA、
evergreen、
YMCA
を合わせることになった。




それぞれ、私を入れたバージョンでやったことはあるけど、
かなり久しぶり。

ボーカル2人は自分の立ち位置で軽く歌いながら踊ってる。
すごいなぁ←



大きめに音楽を流して踊る。
本気で踊ってる人もいれば、所々緩くなってる人も。
私は遅れた分を取り返すため、最後まで力強く踊った。
片寄涼太
片寄涼太
良かったんじゃない?
3曲連続で踊り終えて、みんな汗だく。
あなた

うん、、私も、そう思う、、

息切れしてるのは私だけで、ほんとに悲しくなった。
佐野玲於
佐野玲於
俺途中で体力危なかったわ・・・
その割には今元気じゃないかな←
小森隼
小森隼
玲於ジム行く?
佐野玲於
佐野玲於
うん。
玲於くんでもまだ鍛えるんだから、私も行かなきゃ。
あなた

私も行く!

佐野玲於
佐野玲於
え、まじ?
あなた

え、うん。

だって体力つけなきゃでしょ?
佐野玲於
佐野玲於
そっか。
関口メンディー
関口メンディー
じゃあ俺も。
佐野玲於
佐野玲於
え、まじ、
関口メンディー
関口メンディー
なんで嫌そうにすんだよ、w
佐野玲於
佐野玲於
うそうそ、(笑)
白濱亜嵐
白濱亜嵐
じゃあ、頑張って。俺は用事があるから。
あなた

ありがとう、また明日ね!

白濱亜嵐
白濱亜嵐
うん(笑) ちゃんと送って貰うんだよ?
あなた

・・・うん。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
隼、帰ろ。
小森隼
小森隼
えっ、俺!?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
行くよー
隼くんを連れて帰る亜嵐くんを見送り、
私はジムへ移動した。