無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

53話
~過去編~
私は親戚に囲まれた中生まれた。
幸せだった。
ものすごく。
だけど
お母さんの浮気が発覚した。
そこから、お父さんは狂った。
優しい、大好きな人だったのに。
そして捨てられた私は、
たまたま通りかかった人によって、
児童養護施設へ入った。
引き取ると言う人が現れるのは
そう時間はかからなかった。
だけど、、
引き取り人は酷かった。
私を監禁し、
学校にも行かせてくれない。
だから
私は逃げた。
おじいちゃんの所へ。
なんですぐここへ来なかったんだろう
それくらい、いい場所だった。
新しく学校に通い、
友達もできた。
ある時、テレビに映ったグループに目が止まった。
E-girls
私の夢のきっかけ。
そこから LDH に興味を持ち
ダンスを始めた。
この時私は中学2年生。
冷静に物事を考えられるようになっていた。
小さい頃の事は
あまり覚えていない。
だけど、たまに夢に見る。
たくさんの大人に、
お前はいらない
この言葉を連呼される。
私の存在って
なんなんだろう。
自問自答を続けでても、
答えは出てこない。
忘れようとしても
常に頭の中にへばりついているんだ。
それを忘れられるのが
踊っている時。
アーティストになれてよかった。
好きなことを職業にするなんて
どれだけ幸せなことだろう。
楽しみながら
頑張っていこう。