無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

43話
~あなた~
佐野さんと楽屋に向かっていると
HIROさん
HIROさん
おぉ、いた
あなた

HIROさん、

佐野玲於
佐野玲於
もう始まってますか?
HIROさん
HIROさん
今探してたところだ。
あなた

ごめんなさい。

HIROさん
HIROさん
ついてこい
さっそく会ってしまった
もう他のメンバーは集まってるんだろうな
パタ🚪
HIROさん
HIROさん
遅れてすまないな
やっぱり・・・
みんな勢揃いだ
あなた

ごめんなさい、遅れました、、

佐野玲於
佐野玲於
ごめんなさい
HIROさん
HIROさん
座ってくれ
由香ちゃんからの視線が痛い・・・
そりゃそうか
遅れてきた上に
佐野さんと2人で来たんだから
HIROさん
HIROさん
悪いが、これから話すことは決定事項だ。
GENE
わかりました。
HappyMonster
わかりました。
決定事項
か、
つまり、私達は一切口出しできないってことでしょ?
良い報告でありますように
HIROさん
HIROさん
まず、単刀直入に言う。
HappyMonsterは解散だ。
え?
嘘でしょ?
私、、無理だよ、、
そんなのありえない
なんでこうなるの?
HIROさん
HIROさん
理由としては、、このままじゃやっていけないと思ったからだ。
なにそれ・・・
どうして?
私は大丈夫なのに
HIROさん
HIROさん
また問題が起きては、こっちも困る。
あ、そっか、
私のためとかじゃないじゃん
結局は、自分達が悪いじゃん
はは・・・
私何やってんだろ
もう笑えてくるよ、
HIROさん
HIROさん
久坂達には本当に悪いと思っているが、受け入れて欲しい。
そうじゃん
ふみやくん達・・・
なんかほんとにショックとしかいいようがない
でもダメだ
私よりショックを受けてるのはふみやくん達。
私は謝らなきゃいけないのに
そうだ
私が悪い、、
私に泣く資格なんてない・・・
HIROさん
HIROさん
・・・う?伊藤、聞いてるか?
あなた

あ、ごめんなさい、

あなた

聞いてなかったです、、

HIROさん
HIROさん
伊藤には、GENEに入ってもらう。
あなた

・・・、え!?

あなた

無理です無理です!

HIROさん
HIROさん
決定事項だと言っただろ?
いやいや、
HIROさん何言ってるの?
理解できないよ、
HIROさん
HIROさん
以上だ。今日は解散にする。お疲れ様。
みんな
・・・
あなた

・・・

ちょっと休んでから帰ろ
落ち着かせよう