無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

96話
~玲於~
隼とあなたちゃんと3人で食堂へ向かう途中。
俺はふと考える。




・・・隼ってあなたちゃんのこと好きなのか?

俺が見た感じだと、
結構仲良いみたいだし、
隼もあなたちゃんも積極的に話しかけてるっていうか
なんかわかんないけどお似合い。
だから悔しくてあなたちゃんに手当ててみたんだけど
すぐ真っ赤になっちゃって、w

もうほんと可愛いw


可愛い、だなんて言うようなキャラじゃないんだけどな、
あなた

玲於くん?

佐野玲於
佐野玲於
え、あ、ごめん。
小森隼
小森隼
ねー、治ったと思ったらまた変なの?
佐野玲於
佐野玲於
今日は大丈夫だって(笑)
あっぶね
変な心配させたくないし、気をつけよ








小森隼
小森隼
おっはよ~!
食堂についてみんなに会うなりうるさいのは隼。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
おっはよ~!
それに答えるのは亜嵐くん。
関口メンディー
関口メンディー
メンディー!!
・・・・・・、うん。←
あなた

おはよ~!(*^^*)

朝から可愛いのはあなたちゃん←
片寄涼太
片寄涼太
みんな、迷惑だから、w
頼りになる涼太くん。
中務裕太
中務裕太
釈迦で~す!(笑)
注意したそばからうるさいのは裕太くん。
数原龍友
数原龍友
後で海行こなー
全く学習しないのは龍友くん。
佐野玲於
佐野玲於
みんなまじ意味わかんない、w
そして、しっかりしてる、俺。
(ん?←Byメンバー)


白濱亜嵐
白濱亜嵐
玲於今日は普通じゃん(笑)
白濱亜嵐
白濱亜嵐
昨日何があったの?w
原因はあなたです←
片寄涼太
片寄涼太
www
全部知ってる涼太くんは笑ってるし、、

適当に聞き流して、俺はちゃっかりあなたちゃんの隣の席へ。
中務裕太
中務裕太
あ、ほんまに今日は普通やん
俺があなたちゃんの隣に座ったことで確信したみたい。
数原龍友
数原龍友
心配したやん(笑)
佐野玲於
佐野玲於
ごめん、
小森隼
小森隼
ま、戻って良かった!
佐野玲於
佐野玲於
ありがとう・・・
急にこうやって優しくしてくるのやめて欲しいんだけど。←



美味しいご飯を、あなたちゃんの隣で楽しく食べ、話題はこの後のことへ。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
みんなこの後どこ行く?
あ、有名な場所調べるの忘れてた・・・
佐野玲於
佐野玲於
・・・まだ決まってない。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
俺もー
中務裕太
中務裕太
どっかいい場所ないんかな?
数原龍友
数原龍友
海や!海!
GENE
・・・・・・
うん、もうみんな呆れて否定する気もないみたい←
あなた

また夏に来ようね(笑)

はぁ・・・
あなたちゃん、ちゃんと答えてあげなくてもいいのに、w
なんか情けないんだけど、w
片寄涼太
片寄涼太
あ、近くに遊園地あるみたいだよ?
スマホから顔をあげた涼太くんが言った。
あなた

遊園地!?

キラッキラな笑顔で言われたら、そりゃあ連れていくしかないでしょ←
佐野玲於
佐野玲於
よし、遊園地行こ。
関口メンディー
関口メンディー
・・・単純だな、w
佐野玲於
佐野玲於
メンさん置いてくよ?
佐野玲於
佐野玲於
あ、ダメだ、お財布。
GENE
www
小森隼
小森隼
みんなで行こ~!
あなた

(((o(*゚▽゚*)o)))

あなたちゃんめっちゃ喜んでんじゃん(笑)
















涼太くんまじナイス。
ほんと神。