無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

64話
~あなた~
亜嵐くんに送ってもらって帰ってきてから
ご飯食べたりお風呂入ったりして
布団に入るけど、
なかなか寝付けない・・・
あなた

あ~~!

あなた

眠れないよ・・・

明日会見なのにっ!
\プルルルル📞/

だれー!
早く寝なきゃいけないんだってば!
あなた

え!?玲於くん!?

うそ~!
なんで電話!?
なんかあったのかな!?

~電話中~
あなた

もしもし、どうしたの?

佐野玲於
佐野玲於
寝てるかと思ったw
あなた

起きてるよ笑

佐野玲於
佐野玲於
いや~、
佐野玲於
佐野玲於
なんか、緊張してるかなーっと思ってさ。
え、心配してくれたの!?
嬉しい・・・
あなた

ちょ、ちょっとは緊張するけど、大丈夫だよ!

佐野玲於
佐野玲於
ほんとに?
あなた

えっと、、ちょっと眠れないだけ笑

佐野玲於
佐野玲於
やっぱり。
佐野玲於
佐野玲於
ぶっちゃけ怖いでしょ
あなた

そ、そりゃあそうだよ、

あなた

だって、玲於くん達はずっと頑張ってここまで来たんだよ?なのに、急に知らない女が入ってきたらさ・・・

あなた

ファンの人は嫌じゃん、!(泣)

思っていたことを言葉にすると
やっぱり涙が出てきちゃう
佐野玲於
佐野玲於
・・・
あなた

ごめんね、こんなこと言っても困るよね、!(泣)

佐野玲於
佐野玲於
悔しい・・・
あなた

・・・え、?(泣)

佐野玲於
佐野玲於
こんな時にあなたちゃんのそばにいてあげられないのが悔しい
あなた

電話してくれてるだけでも嬉しいよ、!(泣)

佐野玲於
佐野玲於
でも、!
あなた

大丈夫だからっ!
ごめん、もう寝るね、!

電話、きっちゃった・・・
違う・・・
こんなことしたかったんじゃない
玲於くんは心配してくれただけなのに、!!
私、つい感情的になっちゃって・・・
私、ほんとに最低だ。
もうっ!
私のバカっ!
とりあえず謝らなきゃだよね
玲於くんに
ごめんなさい
とだけメッセージを送り、
なかなか眠れないなか
私はようやく眠りにおちた。