無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

80話
~あなた~
小森隼
小森隼
ところで、今日雑誌の仕事なかった?
あなた

そうなの!?

関口メンディー
関口メンディー
マネは?
バタンッ🚪
マネージャー
マネージャー
移動するよー!
佐野玲於
佐野玲於
来んの遅いってw
マネージャー
マネージャー
ごめんごめんw
~スタジオ着~
スタッフ
GENERATIONSさん入りまーす
全員
よろしくお願いします。
スタジオの雰囲気は慌ただしくて、
そんな中でもスタッフさんに挨拶されるみんなは
やっぱり芸能人だなって感じ。
カメラマンさんの指示に合わせて撮影した後、
すぐに別の雑誌のところでも撮る。
たくさん撮影をしてから今度はHIROさんの所へ向かう。
あなた

疲れた・・・、

小森隼
小森隼
ね〜、こんなに忙しいの久しぶりだよ、、
白濱亜嵐
白濱亜嵐
HIROさん、なんの話するんだろ
あなた

う~ん・・・

そんなこんなで社長室に着き、
何度もお世話になっている椅子へ座って、話は始まった。
HIROさん
HIROさん
悪いな、忙しいのに呼び出して。
HIROさん
HIROさん
今日話すのは武者修行についてだ。
確か、HappyMonsterの武者修行はGENEと一緒だったよね
だけどHappyMonsterはなくなっちゃったし・・・
HIROさん
HIROさん
あなたは武者修行を体験してないけど、残念ながらGENEとしてもう一度武者修行をさせてあげることはできない。
そうだよな、、
私もしてみたかったけどしょうがないよね。
HIROさん
HIROさん
それだけだ。すまんな、あなた。
あなた

大丈夫です。

HIROさん
HIROさん
じゃあ、仕事頑張れよ。
GENE
はい!
今日はみんなに振りを教えてもらって終わりらしいんだけど・・・
なんの曲なんだろう・・・
ダンススタジオに移動して、踊る服装に着替える。
数原龍友
数原龍友
あなたちゃんは教える必要ないでしょー
中務裕太
中務裕太
LDHのアーティストのなら全部踊れるって言ってたもんな
小森隼
小森隼
この前の踊りも凄かったし
あなた

いやいや、みんなに比べたらまだまだだよ、

あなた

あと、会見でも言ったけど、女だからって区別するのはやめてね!

あなた

絶対だからね!

GENE
わ、わかった、
あなた

なんの曲やるー?

片寄涼太
片寄涼太
んー、あなたちゃんは何がいい?
あなた

なんでもいいけど・・・

あなた

ならAGEHA!

佐野玲於
佐野玲於
おっけ。
関口メンディー
関口メンディー
ねぇあなたちゃんの立ち位置どこにするの?
GENE
・・・
関口メンディー
関口メンディー
いや、これは無視しないで?
佐野玲於
佐野玲於
これはってことはいつもは無視していいの?
関口メンディー
関口メンディー
ダメだよw
GENE
笑笑
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ほら、音流すよー?
関口メンディー
関口メンディー
いや、だから立ち位置!
GENE
笑笑
数原龍友
数原龍友
あなたちゃんの希望は?
あなた

う~ん、、

あなた

涼太くんとメンさんの隣はやだ。

涼太&メンディー
ガーΣ(`・ω・Ⅲ)ーン
あなた

あっ、ごめんね!そういう事じゃなくて、その・・・チビが目立たないとこがいいなって思って・・・

片寄涼太
片寄涼太
びっくりした~、
あなた

ごめんね!(>_< ;)

片寄涼太
片寄涼太
いや、大丈夫/////
小森隼
小森隼
じゃあどこがいいかなー
白濱亜嵐
白濱亜嵐
センター来ちゃえ~
あなた

絶対やだー!

あなた

端っこでいいよ、

あなた

隼くんの隣。

中務裕太
中務裕太
いや、それはおかしいやろ。


話し合いはまだまだ続きます。