無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

93話
~玲於~
ピピピピ⏰


朝か・・・
起きよ、
スマホの目覚まし時計を止めて、体を起こす。
佐野玲於
佐野玲於
あ、、
結局あなたちゃんに謝るの忘れた、
言いづらい・・・
てか、なんて言う?
あなたちゃんと亜嵐くんのことが心配で涼太くんに相談した?
いやいや、言えるわけないじゃん
あー、どうしよ、


||☆\“(・_・。)コンコン

誰だよ、朝早くに、

|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
佐野玲於
佐野玲於
はーい
小森隼
小森隼
おはよ!
佐野玲於
佐野玲於
うわ・・・
小森隼
小森隼
なんでそんな嫌そうなのー!
佐野玲於
佐野玲於
ねぇ、朝からうるさい
小森隼
小森隼
朝風呂行こー!
佐野玲於
佐野玲於
は、?
小森隼
小森隼
だから、朝風呂!
まじかよ・・・
2人で?
てか俺起きたばっかだし、、
小森隼
小森隼
お願い!!
佐野玲於
佐野玲於
ちょっと待ってて
小森隼
小森隼
やった!
はぁ・・・めんどくせぇ

そう思う俺の顔は笑顔だった。



佐野玲於
佐野玲於
おまたせー
佐野玲於
佐野玲於
てか1人で行けないの?
小森隼
小森隼
1人だと寂しくない?
佐野玲於
佐野玲於
寂しくない←
小森隼
小森隼
ねぇなんで玲於って俺に冷たいのー?
佐野玲於
佐野玲於
うるさいから←
そんなこと言うけど
実際照れ隠しみたいなもん
ずっと一緒だったからこそ、感謝もしてるし
こうやって一緒に活動してるのも嬉しい。
小森隼
小森隼
・・・玲於今日は普通だー
佐野玲於
佐野玲於
は、?
小森隼
小森隼
昨日は酷かったんだよ!?
小森隼
小森隼
話しかけても大丈夫しか言わないし、ずっとぼーっとしてるし。
小森隼
小森隼
しかも先に1人で帰っちゃってさー
佐野玲於
佐野玲於
・・・ごめん。
もしかして心配して来てくれたの?
小森隼
小森隼
でも今日はいつも通りだからいいや!
佐野玲於
佐野玲於
(笑)
今日は男湯と女湯が交代されていて
昨日と少しだけ違う。
お互いタオルを巻いて入る。
湯船に浸かると隼が話しかけてきた。
小森隼
小森隼
ねぇ、今日どこ行く?
あ、そういえば今日自由って言ってたな、
佐野玲於
佐野玲於
隼は?
小森隼
小森隼
まだ決めてない笑
佐野玲於
佐野玲於
みんなで同じ所行くの?
小森隼
小森隼
いや、個人個人で動いていいって。
佐野玲於
佐野玲於
ふ~ん・・・
佐野玲於
佐野玲於
後で有名な所調べてみる。
小森隼
小森隼
だね(笑)
そのあとも少しだけ話し、
とりあえず上がることにした。
小森隼
小森隼
よし、玲於の部屋遊びに行こ~
佐野玲於
佐野玲於
え、
小森隼
小森隼
行こいこ~


浴場を出ると
佐野玲於
佐野玲於
あ、
小森隼
小森隼
あなたちゃん!
あなた

お~、おはよ!

小森隼
小森隼
おはよ~!
あなた

玲於くん達も朝風呂?

佐野玲於
佐野玲於
あ、うん。
気持ちよかった~ってにっこり笑うあなたちゃんは
まだ少しだけ髪が濡れていて
ほんのりシャンプーの匂いがした。
小森隼
小森隼
あなたちゃん顔赤いけど大丈夫?
あなた

お風呂入ってたからだと思うけど・・・

小森隼
小森隼
なら大丈夫か(笑)
小森隼
小森隼
あ、この後玲於の部屋遊びに行くんだけどあなたちゃんも来る?
は!?
小森隼
小森隼
玲於いい?
俺の部屋に?
あなたちゃんを?
無理無理!!
緊張で死にそう・・・
佐野玲於
佐野玲於
俺はいいけど。
なぜか真反対の言葉が出てきた。
俺の口はどうなってるんだよ・・・
あなた

う~ん・・・、どうしようかな、

でも昨日、友達の部屋に遊びに行くって楽しそうって言ってたじゃん
これってもっと誘ってあげた方がいいパターンだよね・・・
てゆーか、来て欲しい。
佐野玲於
佐野玲於
お、おいでよ、!
あなた

・・・

あなた

じゃあお言葉に甘えて・・・

よっしゃ、



隼、ありがとう。