無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# 3
あなた

はぁ。。まだ終わんない。(たくさんの書類整理をする)

夜 23:00──
名 取 颯 馬
.....(スマホいじり)
藍 沢 耕 作
あなた、これやっといてくれ。頼んだ。
あなた

え!?わたし、まだこんなにあるんですけど!!
名取先生スマホばっかやってるのに...

藍 沢 耕 作
現場でもそうやって人任せにするのか?俺はお前に頼んだ。
あなた

わっ、わかりました。(むすっとする)

あなたside

なんでわたしなの??
ただでさえ、忙しいのに...
けど、藍沢先生に言われたら断り切れない。。



名取先生は、いっつもスマホしかいじってないけど、腕はフェローの中で一番いいし。。
そういう問題じゃないけど早く仕事を終わらせねば!!

翌日 朝──

デスクで仕事途中にあなたは、寝ちゃった...
あなた

ふぁー(あくび)、寝ちゃった。。

名 取 颯 馬
あ、起きたんですね。布団かけときました。(スマホいじりながら)
あなた

あ、ありがとうございますっ!!

きゃ~、名取先生優しい♡♡

ちょっと惚れたかも...

いやいや、わたしは藍沢先生しかいないよ!

名取先生は、恋人対象外??だよ!!!!

藍沢先生だけだもん!!



あ、早く仕事の続きしなきゃ!!

                続く...



♡筆者から♡
今回も最後まで見てくれてありがとうございます♡♡投稿遅くて、下手ですが期待してくれたら嬉しいです(*>∀<*)そろそろネタ切れ~...コメ欄でリクエスト募集中です!!!!ぜひ、お願いします!!!!