無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

# 2
あなたside


ふぁ~(あくび)もう、朝か。


今日も仕事がんばらなきゃ!!!!


医局いこーっと。(医局へ行く)
藍 沢 耕 作
おぉ、おはよう。
あなた

あ、藍沢センセっ!おはようございます!

藍 沢 耕 作
今日お前ヘリ担だよな?
なんと言っても藍沢先生はかっこよすぎ✨
院内一モテて、、その上、腕もいいし、、
わたしは藍沢先生に本気で一目惚れした!!


出会った初日から一目惚れしたなぁ...


藍沢先生はわたしのコトどう思ってるのかな....??
うーん、、わかんない....


けど、、
『振り向かせたい、、
       藍沢先生が好きだから』
あなた

.....(藍沢のコトを考えていて聞いてない)
ふぇ?なんか、言いました??

藍 沢 耕 作
あぁ、言ったが、なんでもない。(医局を去る)
あー、藍沢先生行っちゃった....
けど、、藍沢先生の仕事の邪魔しちゃダメだもん...
冴 島 は る か
おはようございます。
あなた

さっ、冴島さん、おはようございます!

冴 島 は る か
今日ヘリ担なのでよろしくお願いします。
あなた

よろしくお願いします!

冴島さんねー、、

もう、藤川先生の言う通り『氷の女』って感じ!!

眼力強くて、、氷っぽくて、、ちょっと怖いけど、わたしだって、優しいトコがあるのは知ってる。
あなた

あー、まだまだやること沢山だー。

どんな時もあのヒトのコトしか考えられない...。


今だってあのヒトのコトで仕事に集中できない。


やっぱりあのヒトのコトが好きなんだ。


誰よりも。この思い藍沢先生に届けたい。